ホーム > 会社概要> 組合の沿革 

組合の沿革    

AISOHO企業組合は、
H13年度山形県地域緊急雇用対策SOHO推進業務から生まれた
パイロットグループ「キャリ・マミーズ」から生まれました。
 
2001年8月
キックオフミーティング
やまがた育児サークルランド事務局と 山形創造NPO支援ネットワークコミュニティビジネス研究会が呼び掛ける。
2001年10月
コアスタッフ(組織準備チーム)結成
2001年11月
全体ミーティング・視察研修実施
2002年3月
県の支援事業が打ち切りとなる。協議の結果、有志の協力で継続することで合意
2002年4月
やまがた育児サークルランドの1部門としての活動を開始
2003年4月
やまがた育児サークルランドより独立し、「YAMAGATA SOHOグループ キャリ・マミーズ」として活動を開始
2003年7月
子育てフリーペーパー「mamaid」(出版:株アサヒ印刷様)スタッフとして参画
2004年7月
事務所を春日町1番38号に移転
2004年5月
東北芸術工科大「eビジネス創出支援事業」ネットショップ開設
2004年12月
AISOHO企業組合として運営母体を法人化 。 キャリ・マミーズをSOHOワーカーズ部門として組織する。
2005年2月
村山総合支庁主催「公開起業オークション」に出場
2006年7月
自主講座「私のワークスタイル開発講座」(2週間)開催
2007年10月
経済産業省大臣官房審議官 大塚洋一郎氏の訪問をうける(コミュニティビジネスの分野の企業視察で上山市副市長 桝口氏ほか4名)
2008年7月
男女いきいき・子育て応援宣言企業登録
2009年3月
事務所を山形市春日町から城西町へ移転
2009年6月
やまがた子育て応援パスポート事業協賛店
2014年8月
やまがたひとり親家庭応援の店協賛店
2014年9月
山形いきいき子育て応援企業「優秀(ダイヤモンド)企業」の認定
2015年3月
「がんばる中小企業・小規模事業者300 社」に選定され経済産業省より表彰を受ける
2016年9月
山形県中小企業団体中央会会長表彰 組合功労者 受賞
 (代表理事 菅野) 
 
 

   プライバシーポリシー   サイトマップ